fc2ブログ
北海道の鉄道関係

安足間駅開駅100周年 (石北本線)

安足間100年01
11月11日朝、旭川駅前。 ついに雪の季節に。

安足間100年02
今回はここから安足間駅へ。

安足間100年03
エリーナ:これで「あんたろま」と読むんです。
昨年秋紋別市のおもちゃ屋で入手したオオイケ社のエリーナ。

安足間100年04
JR北海道のH100形気動車。キハ40などを置き換える目的で近年導入された新車。
軽快な走りですがなんか風情が無いんですよね。

安足間100年05
(愛別~中愛別)
第4石狩川橋梁から石狩川を見る。 山も雪景色に。

安足間100年06
祝・安足間駅開駅100周年

安足間100年07
この日は地域おこし協力隊らによって駅を飾りつけたり、非公開の駅に関するアイテムを公開したりとささやかな1日限りのイベントがありました。
1日平均3.2人しか利用の無い安足間駅にこの列車で10人が下車し、地域の住民も多く来ており盛り上がりがありました。
安足間100年08
安足間100年09
小さな駅舎ですが、こうしてパネル展示を行いました。

安足間100年10
安足間100年11
木造駅舎時代に取り付けられていた安足間駅の看板。
隣の上川町の郷土館の収蔵庫(非公開)から発見され、今回初めて一般に公開されました。

安足間100年17
昭和末期に今の駅舎になって、それからずっと収蔵庫に仕舞われていました。
エリーナ:約40年ぶりに駅にに戻ってきたのね。
これだけでも、とても貴重なものです。

安足間100年12
安足間100年13
愛別町郷土収蔵庫に仕舞われていた旭川鉄道管理局仕様の「安足間駅」看板と電柱に取り付ける駅名標。

安足間100年14
安足間100年16
安足間100年15
収蔵庫から蔵出ししたホーロー看板や協力してくれた鉄道ファンの個人収蔵品が展示されていました。

安足間100年18
駅前では、きのこ汁などの地域の特産品の販売も。

安足間100年19
安足間100年20
国道沿いにある万葉寺の仏舎利塔。
ここには安足間と所縁のある詩人・百田宗治の作品が飾られています。

安足間100年21
安足間100年22
安足間100年23
特別展示の旭川近郊の酒造会社のホーロー看板。

安足間100年24
エリーナ:ということで駆け足で駅まで戻ってきました。
今回は旭川9:16発10:09着の列車で来ました。 上川で折り返してくる10:45の旭川行の次は12:47の上川行まで列車は来ません。
ただ並行して路線バスはあります。 寒いので今回はそこまでは待たなかったです。

安足間100年25
安足間100年26
(上が北海道で、下が鹿児島。)
ホームに出ると、11:08上川駅始発遠軽行のキハ40(回送)が停車していました。
同じキハ40でも、走る路線やカラーリングが違うと印象が変わりますね。

安足間100年27
10:45 旭川行のH100型が到着。 新旧の列車が並びました。
石北本線のキハ40は早ければ来年3月が見納めになるかもしれません。

安足間100年30
(3月に引退したキハ183系特急大雪)
安足間駅は、晴れていると背景に大雪山系がきれいに見えます。

安足間100年28
今回のイベントで頂いたポストカード。題は「冬の夜のディーゼルカー」
愛別町のイラストレーター・梅津真由美氏作。

安足間100年29
エリーナ:11月11日に11番の駅から乗車しました。
本当の100周年は11月15日なのですが、人が集まりやすい11日に行うことに。

滞在時間は35分程度でしたが、充実した時間を過ごせました。
最後まで見ていただきありがとうございます。
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 野付ウシ
  • URL
タイトルなし

最近は年に2-3回しか近くを通りませんが、昔から安足間は気になる駅でした。
ただ、国道を通過するだけで駅に入ったことは無いです。
今は高速道の利用も増えたので、なおさら立ち寄れないですね。
ちなみに、山歩きではよく「安足間岳」は登ります。
愛山渓温泉からのルート上の山ですので。
短い時間で一気に取材、ご苦労さまでした。

  • ガオ二等兵
  • URL
冬音様

 こんばんはー。
 安足間って地名は初めてですー。成程、内陸地なのですね。石狩川って大雪山から来て居たのですかー。川沿に交通網が発達。
 貴重な昔の駅看板や鉄道ファンからお借りした展示品の写真を有難う御座います。
 此の辺りのキハ40と新型車輌との比較と、極め付けの並んだ所!私なんかは解説を付けて下さったから注目出来ます。本当にお世話に成ります。
 11月11日11番駅!記念に成りますねー。
 個人的にアナ雪以来冬も好きに成りまして雪景色を見るとあの名曲が連想されます。エリーナ様が綺麗なので雪の女王に見える…。今回もご覧下さり誠に有難う御座いました。

  • 冬音
  • URL
Re:野付ウシ様

コメントありがとうございます。

駅の入口が国道と反対側、旧国道側にある安足間駅。用事が無いと行くことがありませんよね。
旭川紋別自動車道が出来て、39号を通る機会も減っています。国道沿いのドライブインはまだ頑張っています。
愛山渓温泉には1度撮影も兼ねて行ったことがあります。
木製の駅名標の実物が見たかったので、行けて良かったと思っています。

  • 冬音
  • URL
Re: ガオ二等兵様

コメントありがとうございます。

安足間、北海道の駅名の中でも難しい読みです。
1979年製のキハ40と2020年製の新しい車両の並んだ所。上川駅以西はほぼ新型車両になって、1日1往復の遠軽・北見方面に行く峠越えの列車のみキハ40が使われています。
エリーナさん、1986年に名古屋のオオイケ社から発売されましたが「リカちゃん」のライバルになれず短命に終わりました。
ミンクや本皮を使った衣装など、センスや素材にはこだわっていましたが。。。
それから35年経った昨年におもちゃ屋のデッドストックを購入し、今回初めて外で撮影しました。来年も秋頃に出番が来ると思います。

  • 闘将ボーイ
  • URL
え?

もう雪が積もっているのですか・・
寒そうです。
私、難読駅名を調べるのが趣味だったのですが
ここの駅名は知りませんでした。
勉強になったな~。
11月11日でしたか。
忘れられないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 冬音
  • URL
Re: 闘将ボーイ様

コメントありがとうございます。

それから少し暖かくなり、雪はだいぶ溶けてきました。
とは言っても、カラマツも落葉しすっかり冬の景色にはなりました。
安足間と書いてあんたろまと読みます。廃止されましたが隣にあった東雲駅も「とううん」と読む意外と難読な駅でした。
こうした小さな無人駅でのイベントは滅多にないので興味がありまして、週末のスケジュールを差し替えて立ち寄る時間を作りました。石北本線全体でも特に利用者の少ない駅なので廃止も考えられましたがこれだけ地域の住民が来てくれるならあと3年は維持できるかもしれません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック